メニュー

 

給料ファクタリングとは個人の給料債権を専門会社に買い取ってもらい現金を調達するサービスです。

例えば、想定外の出費が続いてしまい生活費などを圧迫してしまうと、給料の前払いを会社にお願いしたくなる場合もあるかもしれません。

ただ、会社に対して給料の前払いをお願いすることは、かなり抵抗感がありハードルが高いものです。

そのような時に「給料ファクタリング」で現金を早く手にすることができます。

給料の前払いを間接的に実行するような仕組みと言えます。

当ページではこの給料ファクタリングについて主に以下の内容を解説しています。

目次

そもそも「ファクタリング」とは?

給料ファクタリングを紹介する前に「そもそもファクタリングが分からない…」という方もいると思います。

そのため、まずはファクタリングが何なのかを簡単に見ていきましょう。

ファクタリングとは

  • 企業の売掛債権(売掛金)を売却する資金調達
  • 融資や借入ではない資金調達のひとつ
  • 赤字経営でも審査が通る資金調達
  • 売掛債権がある取引先には知られない

ファクタリングとは企業の売掛債権を売却する資金調達のこと言い、ファクタリングの専門会社や金融機関に売掛債権を売却して売掛債権の早期現金化を図ることを意味しています。

企業間で発生する売掛債権は2~3ヵ月先に支払われることが多いですが、ファクタリングを行うことで売掛債権が発生した直後にも早期回収することができます。

ファクタリングは取引先で発生した売掛債権を売却することになりますが、取引先に対しては特に連絡しなくても売却することが可能です。

また、ファクタリングは融資や借入ではなく売掛債権の「売買」になるため、利息が発生することがなく赤字経営の企業であっても売掛債権が確実にあればファクタリングを行うことができます。

“ファクタリング”という言葉を聞くと「難しいものかな?」と思われるかもしれませんが、“売掛債権を売却する早期現金化の金融サービス”という至ってシンプルなものになります。

給料ファクタリングとは?

ファクタリングがどのようなものなのか把握できたと思うので、続いて本題の「給料ファクタリング」がどのようなものなのかを紹介していきます。

「給料債権」を売却する個人向けのファクタリング

一般のファクタリングは企業の売掛債権を売却しますが、給料ファクタリングは個人に発生する「給料債権」を売却するファクタリングのことを言います。

債権は企業間で発生する売掛債権だけではなく、個人の給料も債権という位置付けとなっています。

そもそも「債権」とは誰かに対して特定の行為を請求できること言い、売掛債権の場合では取引先企業に商品やサービスを提供した対価として金銭を請求できる権利ということになります。

個人に支払われる給料も同様で、会社に対して労働を提供した対価として金銭を請求することができるので給料は債権になります。

そのため、給料ファクタリングを簡単に言うと「個人向けのファクタリング」といった感じになります。

給料日前に給料の額面から手数料を差し引いた金額が振り込まれる

ファクタリングを利用する場合は資金不足の穴埋めに利用することが多く、売掛金の支払い期日の前に現金化することができます。

給料ファクタリングも同様で、給料日の支払日の前に金銭を受けとることができるので資金の穴埋めにすることができます。

また、給料ファクタリングを利用するタイミングは給料日の1~2週間前になることが多いですが、キャッシングやカードローンよりも金欠になってしまった月の穴埋めを簡単に行えます。

ただしファクタリングは「手数料」が発生してしまうため、給料ファクタリングも実際に受け取れる金額は給料から手数料が差し引かれた金額が振り込まれることなります。

そのため、給料ファクタリングは早期現金化できる代わりに受け取れる予定金額は目減りしてしまいます。

利用するには給料ファクタリングのサービスを提供しているファクタリング会社に申し込む

給料ファクタリングを利用するには、給料ファクタリングを提供しているファクタリング会社や金融機関に申し込む必要があります。

2019年11月現在では給料ファクタリングを申し込むことができるファクタリング会社は数社しかありませんが、実際に給料ファクタリングを利用するにはそれら数社のファクタリング会社から選び申し込むことになります。

ファクタリング会社に申し込む方法や入金されるまでの流れは後述しているので、そちらを参照してみて下さい。

給料ファクタリングの仕組みとは?

続いて給料ファクリングの仕組みを簡単に紹介していきます。

一般の企業で行われるファクリングには2者間ファクタリングと3者間ファクタリングというものがありますが、給料ファクリングの場合では2者間ファクタリングが主に行われています。

2者間ファクタリングや3者間ファクタリングとは、取引形態の違いのことで2者間ファクタリングは利用者とファクリング会社のみで取引が行われます。

一方、3者間ファクタリングとは利用者とファクリング会社に債務者が加わった3者による取引になります。

一般のファクタリングでは債務者が取引先になりますが、給料ファクリングの債務者は利用者が所属している会社側ということになります。

2者間での給料ファクリングの仕組みは下記のようなものになります。

2者間ファクタリングでの給料ファクリングの仕組み

  1. 利用者が所属会社で労働して給料債権が発生
  2. 審査を経てファクタリング会社と給料債権の売買契約を締結
  3. 給料日前に手数料を差し引いた金銭が利用者に送金
  4. 後日、利用者に対して所属会社から給料が支払われる
  5. ファクタリング会社に振り込まれた給料を全額送金
  6. 給料債権の売買取引が完結

日本での給料ファクリングは2者間ファクタリングがメインになっていますが、3者間の給料ファクリングの仕組みでは下記のようになります。

3者間ファクタリングでの給料ファクリングの仕組み

  1. 利用者が所属会社で労働して給料債権が発生
  2. 利用者の所属会社に給料債権を売却することの連絡し同意を得る
  3. 審査を経てファクタリング会社と給料債権の売買契約を締結
  4. 給料日前に手数料を差し引いた金銭が利用者に送金
  5. 後日、利用者の所属会社がファクタリング会社に給料を送金
  6. 給料債権の売買取引が完結

2者間と3者間の給料ファクタリングの大きな違いは、利用者が所属している会社に対して給料債権を売却することを連絡するかどうか、ということです。

また、2者間の給料ファクタリングの場合には利用者に所属会社から給料が支払われますが、3者間の場合には所属会社からファクタリング会社に直接給料が送金されます。

さらに、2者間の給料ファクタリングは手数料がやや高くなってしまいますが、3者間の給料ファクタリングであれば所属会社から直接給料がファクタリング会社に送金されて確実に受け取ることができるため手数料を低くすることができます。

給料ファクタリングのメリット・デメリットとは?

続いて、給料ファクタリングのメリット・デメリットを見ていきましょう。

給料ファクタリングのメリットは給料日前に金銭を手に入れられることが最大のメリットとなりますが、その他にもいくつかのメリットがあります。

ただし、給料ファクタリングにはデメリットもいくつかあるので、実際に利用する場合にはデメリットも知っておく必要があります。

給料ファクタリングのメリット

借入れではないので信用情報が汚れない

前述していますが、給料ファクタリングは給料債権の売却になるのでキャッシングやカードローンなどの借入ではありません。

借入ではないため個人の信用情報が汚れることがなく、住宅ローンを組む際の足かせになることがありません。

返済義務が発生しない

借入ではないということは返済義務も発生することがありません。

キャッシングやカードローンでは返済義務が発生してしまうため、自転車操業に陥るリスクが潜んでいますが給料ファクリングではそのようなリスクがありません。

ブラックリスト登録でも利用可能

ファクタリングでは企業がいくら赤字経営状態であっても確実に売掛債権が存在していれば売却することができます。

それと同じく、給料ファクリングの場合でもいくら個人の信用情報が悪くてブラックリスト登録されていたとしても、給料債権が確実に存在していれば問題なく売却することができます。

キャッシングやカードローンよりも審査が甘い

個人の資金調達の方法にはキャッシングやカードローンが主にありますが、その際には個人の信用情報や収入状況などの審査が行われています。

給料ファクリングの場合にも審査が行われますが、給料ファクリングの審査は仮にブラックリストに登録されていても給料債権が確実にあれば審査は通るため、キャッシングやカードローンの審査と比較すると非常に甘くなっています。

2者間の給料ファクタリングであれば所属会社に連絡がされない

カードローンを利用する場合には、利用者の勤務先に在籍確認が行われるため、消費者金融などを利用すると所属会社に借入することがバレるリスクがあります。

一方、2者間の給料ファクタリングでは利用者の所属会社には連絡することはないので、給料債権を売却する事実を知られることがありません。

来店不要でカードを発行する必要が無く、電話やメールだけで利用することが可能

給料ファクリングサービスを提供している多くのファクタリング会社では、来店不要で電話やメールだけて利用することが可能です。

また、キャッシングやカードローンではカードを発行する必要がありますが、給料ファクタリングではカードを発行することがないため時間と手間が掛かりません。

給料ファクタリングのデメリット

手数料が発生するので給料が目減りしてしまう

給料ファクリングの最大のデメリットは「給料が目減りしてしまう」ということです。

目減りしてしまう原因はファクタリング会社に支払う「手数料」になり、2者間の給料ファクタリングの場合では給料債権の20%ほど取るようなファクタリング会社も存在しています。

そのため、給料ファクリングを行う場合には手数料が低いファクタリング会社を選ぶ必要があります。

給料ファクタリングを提供しているファクタリング会社が少ない

給料ファクリングを提供しているファクタリング会社は数社ほどしかなく、利用者の選択肢が少ないこともデメリットとして挙げられます。

企業の売掛債権を売却するファクリング自体が日本では近年になってから普及したものなので、個人向けの給料ファクタリングも発展途上の段階になってしまいます。

3者間の給料ファクタリングでは所属会社に知られてしまう

2者間の給料ファクタリングであれば所属会社に対して連絡することがありませんが、3者間の給料ファクタリングの場合には手数料が低い代りに所属会社には連絡するため給料債権を売却することが知られてしまいます。

給料債権の売却することが知られてしまうと、利用者に対する会社の見方や評価に悪影響を及ぼしてしまう可能があります。

高額な手数料を要求してくる悪質なファクタリング会社が存在している

給料ファクリングは近年になって発生した金融サービスなので、法整備が未完成で緩い部分があります。

法整備が緩いため悪質なファクタリング会社が生まれやすく、その場合は高額な手数料を取られてしまうリスクがあります。

そのため、給料ファクリングを実際に利用する場合は、適切な手数料の相場を事前に把握しておく必要があります。

給料ファクタリングの手数料の相場とは?

給料ファクリングの手数料の相場は、2者間と3者間による取引形態によって異なります。

取引形態 手数料の相場
2者間の給料ファクタリング 10~20%
3者間の給料ファクタリング 3~5%

2者間の給料ファクタリングの手数料の相場は「10~20%」とやや高めの設定となっています。

手数料がやや高めの設定となってしまうのは、ファクタリング会社に対しての支払い方法が利用者からの送金となってしまうことが主な原因で、利用者の持ち逃げや不払いのリスクがファクタリング会社にはあるからです。

一方3者間の給料ファクタリングでは、利用者の所属会社からファクタリング会社に直接給料が送金されるためリスクが少なく、その結果として手数料を低く設定することができます。

これらの、手数料の相場を知っておけば悪質なファクタリング会社に手数料を多く取られるリスクを回避することができます。

給料ファクタリングの申し込みに必要なものとは?

給料ファクリングをファクタリング会社に申し込む場合には、審査を行うためいくつかの審査資料が必要になります。

一般売掛債権を売却するファクタリングの場合には様々な審査資料が必要になりますが、個人向けの給料ファクタリングの場合にはとても少ない審査資料となっています。

ファクタリング会社によって給料ファクリングでの審査資料の種類や提出数はやや異なりますが、主に下記のようなものが審査資料になります。

給料ファクリングで求められる主な審査書類

  • 顔写真付の身分証明書(運転免許証・住基カードなど)
  • 保険証
  • 直近1~3ヶ月分の給料明細
  • 直近1~3ヶ月分の給料の入金履歴が分かる通帳(コピー可)
  • 所属先の会社情報が分かる書類

給料ファクタリングの審査書類は上記で紹介している書類を全て求めてくるということはあまりなく、ほとんどのファクタリング会社が3~4種類程度の提出で済みます。

主に「顔写真付の身分証明書」「保険証」の提出をほとんどのファクタリング会社が求めてきて、それに合わせて給料が確実に支払われていると分かる「成因資料」(給料明細や通帳など)などが審査に必要な書類になります。

給料ファクタリングの申し込みから入金までの流れとは?

では、実際に給料ファクタリングを利用する際の申し込みから入金までの流れを紹介していきます。

入金までの流れは各ファクタリング会社によってやや異なりますが、それほど大きく変わるということはありません。

ただ、審査書類の提出方法は各ファクタリング会社によって違い、郵送やメール、fax、アプリなどと異なるところもあります。

こちらでは給料ファクタリング会社の中でも利用者が多いと言われている「七福神」を例にとってみて、申し込みから入金までの流れを簡単に見ていきましょう。

七福神の申し込みから入金まで

  1. 七福神のホームページにある「申し込みフォーム」に必要事項を記入して送信
  2. 直後に電話で折り返しの連絡が来て、10分間程度の簡単な説明やヒヤリングを実施
  3. 審査書類をfax又は写メールで送信
  4. 数分後に審査結果が報告
  5. 審査が通れば契約書がPDFファイルによってメールで送信され、契約締結
  6. 数分後に指定口座に入金されて取引完了

七福神の場合では上記の申し込みから入金までが最短30分で完了するので、急な資金の入用の際に大いに役立てることができます。

給料ファクタリングのおすすめファクタリング会社5選

給料ファクタリングが可能なおすすめのファクタリング会社を5社厳選して紹介します。

1位 キャッシュ代行給料お助けサービス

キャッシュ代行給料お助けサービスの特徴

  • お客様満足度が93%ある
  • リピート率が90%以上
  • 申し込みから入金までが「最短30分」
運営会社 合同会社CSS
手数料 10%~
必要資料 ・顔写真付の身分証明書(運転免許証等)
・保険証
・直近3ヶ月分の給料明細
振込みスピード 最短30分
営業時間 月~土 9:00~19:00
会社住所 東京都中央区八重洲一丁目8番17号 新槇町ビル6階
電話番号 03-6262-7862
創立年月
公式ホームページ http://adgj1201.xsrv.jp

「キャッシュ代行給料お助けサービス」は合同会社CSSが提供している給料ファクタリングで、振込みスピードは最短30分の入金が可能です。

営業時間が夜の19時までとやや遅い時間までなので、仕事が終わった後にも利用しやすくなっています。

また、土曜日も営業しているため他のファクタリング会社が土曜日に対応していない場合でも「キャッシュ代行給料お助けサービス」は対応可能となっています。

お客様満足度やリピート率が90%以上あるので、初めて給料ファクタリングを利用する人にもオススメのファクタリング会社です。

キャッシュ代行給料お助けサービスの口コミ

離婚した際に、こちらの給料ファクタリングを利用しました。

離婚のための引っ越しの代金や慰謝料などが意外と多くなってしまい、生活費が不足しそうになりましたが何とか資金を準備することができました。

手数料は12%とやや高いと感じましたが、借入はしたくなかったので良かったと思っています。

2位 七福神

七福神の特徴

  • 法人向けファクタリングも提供している
  • 給料ファクタリングとしては大手
  • 申し込みから入金までが「最短30分」とスピディー
運営会社 株式会社ZERUTA
手数料 10~20%
必要資料 ・顔写真付の身分証明書(運転免許証等)
・保険証
・直近3ヶ月分の給料明細
振込みスピード 最短即日
営業時間 月~金・祝日 9:00~19:00

日曜 10:00~18:00

会社住所 東京都新宿区新宿1-34-8近代BLD.15 7F
電話番号 03-6380-0841
創立年月 2018年6月
公式ホームページ https://7-fuku-jin.com

「七福神」は株式会社ZERUTAが提供しているファクタリングサービスで、個人向けの給料ファクタリングの他にも法人向けのファクタリングも提供しているファクタリング会社です。

もともと法人向けのファクタリングを提供しているため、信頼感が強く給料ファクタリングを提供してファクタリング会社の中でも大手の部類に入り安心して利用することができます。

七福神では申し込みから入金までのスピードが「最短30分」というのが大きな特徴で、スピディーに給料債権の現金化を行うことができます。

七福神の口コミ

入社2年目で貯金がなかったのですが、無駄な出費をしてしまいアパートの家賃が払えなってしまいました。

そんな時に友人から七福神の給料ファクタリングを教えてもらい、なんとかその日のうちに入金してもらい家賃を滞納せずに済みました。

七福神の申し込みなどは特に難しいことはなく、ネットに詳しくない自分でも最後までスムーズに行えました。

 

3位 ビアペイ

ビアペイの特徴

  • 専用のアプリをインストールして利用できる
  • Web版も利用できる
  • 「最短1時間」の即日入金
運営会社 アスターネットワークス株式会社
手数料
必要資料 ・顔写真付き身分証明書(運転免許証等)
・通帳2カ月分
・勤務先の情報
振込みスピード 最短1時間
営業時間 平日10:00~18:00(サポート対応時間)
会社住所 東京都台東区寿3-20-7-101
電話番号 03-5830-6162
創立年月 -ー
公式ホームページ https://beer-pay.com

「ビアペイ」はアスターネットワークス株式会社が提供している給料ファクタリングで、申し込みから審査ができる専用のアプリが用意されています。

アプリをインストールすればWeb版よりもスムーズに申し込みから審査を行うことができるので、ビアペイを利用する場合にはスマホかタブレット端末でアプリをインストールしてからの利用がオススメです。

アプリはGooglePlayとAppStoreのどちらも対応していて、申し込みから入金までを最短1時間で行うことが可能です。

ビアペイの口コミ

ビアペイは2回目の利用ですが、とても簡単に申し込みと審査が行うことができます。

専用のアプリの指示に従うだけでいいので、給料ファクタリングのことが詳しくない私でもスムーズに取引を行うことができました。

家の中で全て行うことができるので、カードローンのように人に見られることなく実行できました。

4位 WalletLink(ウォレットリンク)

WalletLinkの特徴

  • 話アプリの「LINE」から申し込める
  • LINEの「既読機能」で審査開始が分かりやすい
  • 審査書類を増やせば審査がより通しやすくなる
運営会社 株式会社アクアバレー
手数料
必要資料 ・顔写真付の身分証明書(運転免許証等)
・社名入り保険証
・通帳2ヶ月分
振込みスピード 最短即日
営業時間 平日9:30~18:00
会社住所 千葉県松戸市中根444-103号
電話番号 0120-214-091
創立年月 2017年10月
公式ホームページ https://walletlink.jp

「WalletLink(ウォレットリンク)」は株式会社アクアバレーが提供して給料ファクタリングで、通話アプリのLINEから申し込むことができます。

給料ファクタリングを利用する場合には審査の開始時間がよく分からないことが多いですが、WalletLinkではLINEのメッセージの「既読機能」が審査開始の合図のため審査が始まったことが簡単に把握できます。

WalletLinkのその他の特徴としては、審査書類を上記の3種類以外にも「給料明細書」や「公共料金領収書」などを合わせて提出することで、審査をよりスムーズに通せることが他のファクタリング会社との違いになります。

WalletLinkの口コミ

身分証明書がパスポートしかもっていなかったのですが、ウォレットリンクでは「大丈夫です」とのことで何とか給料ファクタリングを行えました。

他の所では「パスポート不可」となってしまうところが多かったのですが、問題なくその日のうちに入金してもらえました。

審査もLINEでパスポートと保険証などの画像を送信するだけなので、めちゃくちゃ簡単です。

5位 ファクタル

ファクタルの特徴

  • 平日13時までに連絡すれば即日の入金が可能
  • 運営会社が東京ではなく熊本県にある
  • 営業時間が夕方5時までとやや早い
運営会社 リブノース合同会社
手数料 10%~
必要資料 ・顔写真付の身分証明書(運転免許証等)
・保険証
・直近2ヶ月分の給料明細
振込みスピード 最短即日
営業時間 月~金 9:00~17:00 (土日祝日は休業日)
会社住所 熊本県熊本市東区御領8丁目8-10
電話番号 0120-518-900
創立年月
公式ホームページ https://factal.jp

「ファクタル」はリブノース合同会社が提供している給料ファクタリングで、運営会社の所在地は東京ではなく熊本県となっています。

多くのファクタリング会社の所在地は東京に集中していますが、ファクタは熊本県が会社の所在地となっているため九州地方の人には利用しやすいファクタリング会社と言えます。

ファクタのホームページには手数料が「10%~」となっていますが、上限手数料はどのくらいか分からないので買い取り金額を事前に知る必要があります。

営業時間は夕方5時までとやや早いため、連絡するタイミングには注意する必要があります。

ファクタルの口コミ

通販で散財してしまった上に海外出張を会社から命じられてしまい、資金不足に陥ってしまいました。

会社に給料の前借を検討したのですが、なかなか言い出せずにいたときに給料ファクタリングというサービスをしりこちらのファクタルを利用しました。

最初は給料ファクタリングというものが怪しい感じがしましたが、消費者金融よりも健全だったので信用情報が汚れることなく出張の資金を準備することができました。

 

即日

審査

七福神以外